平和を願う

またまたものすごく更新が空いてしまいました・・・

言い訳をしますと、子供が夏休みになって、相手をしていると
あっという間に寝る時間になってそのまま一緒に寝てしまうという
日常を過ごしていました。

更新を怠らないママブロガーの方々には頭が下がる思いです;;

 

けれど、今日、8月6日は広島に住んでいる私にとって
何も考えないではいられない日です。
もちろん、広島県人ではない方々、日本人全員同じ思いで
毎年この日を迎えているとは思います。
ただ、年々、72年前の今日、一体どのような事が起こったか、
私たちは恒久平和をなぜ求めるのか、ぼんやりと考えて過ごすように
なってはいないでしょうか。

私が子供の頃は夏休み中の登校日は必ず8月6日でした。
体育館に集まり、黙祷を捧げたのち、全校生徒で平和に関する
映画やスライドを鑑賞し、子供ながらにも「戦争は恐ろしい
ものだ」という当たり前の感情を維持する事が出来ました。

しかし、いつからか登校日は6日に限定はされず、今はそういった
「平和教育」は行われていません。
(少なくとも私の住んでいる地域では行なっていません)

今日も8時15分に子供達と一緒に1分間の黙祷を捧げましたが、
被爆体験をしていない私が戦争の恐ろしさを子供に実感しろと
迫るのはとても難しく、私自身、平和ボケとなってきているんじゃ
ないかと思います。

病気も「なってから健康のありがたみ」を痛感します。
しかし「戦争が起こってから平和を痛感」なんて事は絶対に
あってはならないのです。

今を当たり前と思わず、まさに「有難い」日々だと言い聞かせて
手垢のついた表現ですが毎日に感謝して生きていきたいし、
だから素晴らしい未来のある世界を地球人全員が願い、
他人の幸せ無くして自分の幸せはないんだと
常日頃から意識していく事が平和への近道ではないかと
改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 + 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください