全日本剣道選手権でもう一度、乗本志考選手の勇姿が見たい!

来月はいよいよ第65回全日本剣道選手権大会が日本武道館で開かれますね。

剣道を再開して数ヶ月でハマりにハマり、いてもたってもおられず、広島から夜行バスで12時間かけて「日帰り」観戦に行くことに決めました。
いつもは私の行動に全く興味のない夫もさすがに「バカだね」と呆れていますがいいんです。自分でも「ちょっとどうかしてるよなぁ」と自覚しつつあるのですが、勢いだけで行って来ます。

剣道家の一の太刀さんにアドバイス頂き、一階席を取ったのですが行こうと決心するまでに時間がかかってしまったので見事に最後列しか残っていませんでした・・・。
チケットぴあのお兄さんが何度もいろんな席を確認してくれましたが(親身に悩んでくださってありがたかったです)西か東かの違いでよくわからなかったので何となく階段の近い方にしました。

東京はおろか、広島からだってろくに出たことのない私ですが、一緒に観戦する東京に住んでいる剣道仲間がいるので

高校時代の同志集結!ミニ同窓会で思う事


彼女から片時も離れないようにしたいと思います。

あぁでもこれで当日までウキウキした気持ちで過ごすだけですね!
とりあえず気持ちよく送り出してもらえるよう夫と子供達に感謝しつつ、主婦業を真面目にしなければ・・・。


今大会は以前好きだった大阪の大石選手が久しぶりに出場されるとの事で「もしかしたらこの方も来年は・・・」との期待を込めてこの記事のタイトルなのですが、今一番、観戦したい選手は鳥取県の乗本選手です。

大阪の寺本先生の綺麗な剣道が好きで、食い入るように鑑賞していたこちらの動画で乗本選手を知りました。

構えた感じや、鍔迫り合いから別れる時に首を横に振ったり竹刀が下がっていたりちょっと独特で、でも寺本選手に胴を取られはしたものの本当に「魅せる剣道」ですよね。
他の選手だと面つけてたら分かりにくいんですが、乗本選手なら遠くで見てても楽しめそうだなぁと思ったのが好きになったきっかけです。

それで他の動画も鑑賞していたらビデオ撮影をされている前のおじいさん(どこかの偉い人だったらごめんなさい)が「この乗本っていうんは医者なんですわ。鳥取大学医学部で・・・」とか何とか言われているのを聞いて度肝を抜かれました。

しかも58回の大会で8強選手になられていると知ってさらに驚き、

警察官じゃなくても、体育大学出身じゃなくてもこんなに強くなれるんだ!

と、ちょっと剣道に対する固定観念が崩れました。

それに加えてお医者さんって、忙しい職業の中でも忙しい部類だと想像に難くないだけにきっと相当の努力をされているのでは・・・

と思っていたらこんな記事がありました。

http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/761276/klinikos2012autumn.pdf

何と言っていいやら、人生ブレまくりの自分と比べると虚しくなる程の清々しさ、ストイックさに絶望に似たため息しか出ませんが(笑)
剣道に注ぐ情熱が医師としてのそれと同じくらいとの事ですので、「お医者さんなのに」と言ってしまうのは失礼でした。

おじいさまが剣道生活を支えられておられたのも、強くなられた大きな要因だったのですね。
誰かのために、お返ししたいという気持ちを持ち続けて何かに取り組む事は自分を成長させるためにも重要だと気付かされます。

特練の方々は日々厳しい稽古に勤しまれ、もちろん信念貫かれていらっしゃると思いますが、どのような環境でも工夫で剣道は上達できるんだと全日本でその成果を乗本選手に披露して頂き、ぜひまた素晴らしい剣道を「魅せて」頂きたいです。
乗本選手は現在30代半ばと思われますがまだまだ活躍できる年齢ですし、私のストーカー的検索によると去年の予選会では準優勝されていらっしゃるので今年もエントリーされていたんだと思いたいです。

私もボサッと道場に通ってるだけにならず、乗本選手のように自分の剣道を向上させるよう課題を持ちながら臨みたいと思います。

と、かっこよくまとめたいですが、「それ以前の問題じゃ!」と先生からのツッコミが聞こえてきそうです・・・。

ランキングに参加しています。
ぽちっと押していただけたらものすごく嬉しいです!

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

sixteen − thirteen =