大人も子供もおすすめ!感動できる?「剣道本」

こんにちは。

今朝は全国的に冷え込みましたね。

剣道家にとって寒いのは嫌ですが、やっと冬らしくなってきたかな?



今日はそんな寒い日に家にこもってのんびり読むのにオススメの「剣道本」をご紹介いたします。

村木ツトム その愛と友情

版画の表紙が気になって子供と読もうかなと図書館で借りたのですが、読み進めるうちに主人公が剣道部である事が分かり、一気に感情移入して今は手元に置いていつも眺めています(笑

(ちなみに一番左側の子が主人公の村木くんです)


あらすじでは、

「五秒だけ、彼になって」

クラスのマドンナ、マリにそう話しかけられた村木ツトム。

「わたし、村木くんがいいの!」

ツトムの心は千々に乱れる・・・・・・。

脱力系の中学生、村木ツトムの青春。


中学男子の初恋物語かな?という感じですが

読んでみるとそれだけでなく、題名にもある友情、ハプニング、本当の愛とは何か・・・色々と考えさせられる場面もあり、読み終わったあとじんわり心が温かくなって・・・とにかく村木くんが剣道をしているからこその色んな魅力の詰まった本でした。

村木くんの剣道の先生も、剣道の思想に例えてすごく良い事を言ってるんですよ〜〜。

本自体は133ページと短くて文字も大きく、会話文も多いので読書対象としては小学生中学年(本好きな子は低学年でも)から充分OKだと思います。

もちろん中学生〜大人の方はより深く作品を楽しめると思いますのでぜひ図書館などで見かけましたら手に取ってみて欲しいです^^

オススメです!

にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。
ぽちっと押していただけたらものすごく嬉しいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen + seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください